11月も半ばをすぎ、朝晩はぐっと冷えます。これから慌ただしさも、年の瀬の日々に向かって加速していきますね。

風邪など体調不良は「疲れ」と「冷え」が原因です。疲れをためず暖かくしてお過ごしください。
ポピュラーですが、この時期よくつかわれる漢方処方の紹介です

 

葛根湯(かっこんとう)

寒さで首すじから背中あたりがググッと凝るようなゾーゾーするような感じがしたら「葛根湯」おすすめです。

葛根湯は「辛温解表剤」といって、体表を温める効果と発汗作用で風邪(ふうじゃ)を体から早めに外へ追い出す処方です。

温かいお粥などを食べて、葛根湯をのみ、ゆっくりお休みください。じわっと汗をかいたら、肌着を着替えましょう。

葛根湯は、体を温める処方なので、「寒さ」や「冷え」で風邪をひいたかな?と思ったときはよく効きます。

「葛根湯が効かない!」という方

飲む時期を間違えていませんか?風邪の初期、ゾゾッとしたタイミングで効果がでる漢方薬です。

長くこじらせた時や汗をかいているときは別の処方を検討します。

 

小青龍湯(しゅせいりゅうとう)

うすい鼻水やくしゃみがでるときの風邪薬です。

小青龍湯のポイントは、「うすい鼻水」。麻黄や細辛という生薬で体を温め、悪寒などを和らげます。

水滞に寒邪が加わっておこる症状に効果があるので、この風邪薬も「寒さ」や「冷え」にやられたときによく効きます。

アレルギー性鼻炎や気管支炎などの適応症状がありますが、体を温めて症状を改善する処方です。

 

早めのお手当てが早く風邪を治すコツです。にんじん堂へご相談くださいませ。

おすすめの記事