冷え性あるある

体がポカポカして、おいしいです 🙂 


 

大寒から立春を待つこの時期、毎日寒いですね。瀬戸内気候で温暖な明石でも、週末は小雪が舞いました。

私、休みの日は近くのスポーツジムのプールへ行き、水中ウォーキングしています。

水のなかでプカプカ歩くのってなんか好きなんですよね。

でも、さすがにこの時期は水に入っている人も少なめ!

 

パウダールームで会員さんのおばあちゃまたちが話していました。

「〇〇さん、プール?」

「いや。お風呂だけ入って温まるねん。

寒いやろ・・・プール入るといつも調子悪くなって、また膀胱炎になってしまうからなー」

 

そうそう。寒い時に温水とはいえ、体温よりプールの温度の方が低いから

もともと「陽」のエネルギーが少ない人は、冷やして体調を崩してしまいますよね。

ジャグジーで十分にカラダを温めることはもちろん、基本的には普段から体へ「陽」のチャージがおすすめです。

 

「陽」を補う

冷え性、生理痛や生理不順がる人、頭痛、肩こり、貧血気味の人にもおすすめしたい健康法です。

 

「陽」のチャージって?

私は、「若甦・温」と「婦人宝「」のミックスお湯割り作戦!

毎朝これに、はまってます。

「若甦・温」は、紅参、エゾウコギ、オウギという生薬からできたドライシロップ。

芯から体を温める生薬の仲良しグループです。

お湯で溶かして飲むと、ゆず味の風味がおいしくストレスを和らげ体をポカポカに温め癒されます。

私はさらに、「婦人宝」を混ぜちゃいます。

トウキや芍薬といった女性薬には欠かせない宝もののような生薬8種類で構成された黒糖味シロップ、

しっかり体の気血を補うものです。

「若甦・温」だけでもゆず風味でおいしいのですが、私は「婦人宝」を混ぜることで酸味がやわらぎ、

より飲みやすくなると感じています。

毎日続けるのはちょっと・・・と思う方でも、おいしい習慣なら無理なく毎朝飲むことができるはず。

食後のコーヒーは、いくらホットで飲んでも体は冷やします。

このポカポカペアをコーヒーの代わりに、ぜひ飲んでみてくださいね。

 

#冷え性あるある #漢方薬

 

 

おすすめの記事