日に日に気温があがって、春と花粉の気配を感じる季節になりましたね。

 

アレルギー体質に「クロストリジウム菌」がいい?

ある方から、クロストリジウム菌についてご質問をいただきました。

たしか、昨年のNHKスペシャルで放送されたと思います。

「万病撃退!腸が免疫のカギだった」で腸に免疫細胞が70%集中していて、腸に住み着く腸内細菌によって人の免疫機能のバランスが保たれていることが解説されました。

 

免疫機能は、時に暴走して花粉症などのアレルギー疾患を引き起こすといわれていますが、

それを抑える役割を担っているということで番組で取り上げられ、注目されているのが「クロストリジウム菌」です。

 

クロストリジウム菌の仲間は100種類以上あって今大注目の研究対象なのです。

クロストリジウム菌には「落ち着いて!」というメッセージ物質を分泌する働きがあって

このメッセージ物質が、本来攻撃する必要のない花粉やホコリなどの異物だけでなく、自分のカラダまで攻撃している免疫細胞に対して攻撃を鎮める効果があります。

すごいですよね・・・

 

クロストリジウム菌を増やすには?

では、どうやって腸内で増やせるのでしょうか。

クロストリジウム菌を増やすには、しっかり食物繊維を食べることです。

現代の食物繊維が不足した食生活では、クロストリジウム菌のバランスが崩れ

免疫の暴走を止めにくくなってしまっている傾向があります。

お野菜、しっかり食べていますか?

 

「クロストリジウム菌」は悪玉菌なのによい働きをして、なくなると困る菌です。

悪・善というカテゴリーのイメージでは、悪だからすっかり消えてしまえばいいと考えがちですが、

腸内細菌は「善玉菌:日和見菌:悪玉菌」の割合が「2:7:1」のバランスが大切と言われています。

そう、バランス

 

 

まだまだ謎だらけの腸内細菌について、日々研究が進んでいますが

確かなことは、腸内細菌について人の健康状態が多くの影響を受けていることです。

私たちが、心も身体も健康であるために、

食生活を見直し腸内環境をよくする努力をすることが大切だとあらてめて思いました。

 

タウロミンは、鼻炎や皮膚の炎症に有効な和漢生薬と、粘膜を元気にする11種類の栄養剤、整腸剤がいっしょに配合された鼻炎・皮膚疾患のための内服薬。

 

毎年、アレルギーでお悩みの方、どうぞご相談ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元気と若さをたもつコツをご提案する漢方相談薬局

にんじん堂薬局

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おすすめの記事