「タケ●漢方便秘薬を7年間続けて飲んでいたが、最近、効かない」

   というご相談をお受けしました

(お身体は細く小柄な70代後半の男性)

秋から冬に向かって、体が冷えることにより汗が出にくくなったり、便秘がちになったり、と「気血水」の巡りがうまくいかなくなる症状がでやすいです。

とくに便秘を放っておくと、本来排出されるはずの毒素が体にたまってしまうので悪影響が出ます。気分もスッキリしないでしょうし、たかが便秘とあなどれませんよね

 


便秘になっている原因の種類は、大きく4つに分かれます


①熱性便秘  

食べすぎなどの陽盛タイプ。

または、熱病のあとで腸のなかの潤い不足で乾燥して便秘をおこしている人

口が渇いたり、口臭があることがあります。顔色もやや赤いです。

ご相談の「漢方便秘薬」や腸を潤す漢方処方が、このタイプの人に向いています。

 

②気滞便秘 

ストレス・運動不足による排便する力の停滞

げっぷ、お腹がはる、などの症状があります。

下剤にこだわっている人が多く、スッキリ出ないと浣腸薬を毎日使っても排便したいとおっしゃる人もみえます。

ストレスを和らげる漢方で、気持ちのよいお通じにかわり、気分もよくなります。

 

③虚性便秘(気虚/血虚)

疲労、飲食、病気の後、老化による排便する力の低下、腸の乾燥

●トイレのあと汗がでたり、なんとなく疲れる人、軟らかい便になる人は、「気」をおぎなう漢方をあわせるといいです。

●顔色がすぐれず、めまいがある、生理中は便が軟らかくなる、などの傾向がある人は「養血」の処方です。

 

④冷性便秘

冷え性体質の人、老化による排便する力の低下によるもの、腸内の冷えなどが原因

お腹を温める漢方処方を飲んでいただきます。

 

お客様が、このお腹を温める漢方処方で、「驚くほどドッサリでた!すごい漢方ですね!」と報告してくださいました。

あまりにもその方が満足そうに話されるので・・・じつは、私竹内も試してみました!

しかし・・・全く効果がありませんでした 😥  つまり、私は腸が「冷えていない」からです。

体質に合うか、合わないか・・・漢方を合わせるには、そこがとても大切なのですね。

 

よく便秘で悩むお客様は「とにかく強い薬がほしい」「スカッとだしたい」と話されます。

ご相談のお客様も、タケ●漢方便秘薬をはじめは2錠でスムーズ、そのうち3錠、4錠・・・と効かすために増やしておられました。

強い下剤で、グッと押し出せば気持ちよく排便があるイメージだと思いますが、本当は「強い」「弱い」ではなく、原因を考えて体質にあった処方を選ぶことが大切です。

老化で排便する力が不足している場合、「歳だから仕方がない」ではなく、まず弱りを補うことで、全身の体調がよくなりお通じも快腸になります。

 

おすすめの記事