「血圧を下げる漢方薬はありませんか?」といった相談を受けることがあります。

病院でもらう薬の方がよく効きますが、副作用も気になる・・・というところでしょうか。

 

血圧や不整脈といった病名で漢方処方が決まることはありません。

漢方薬は、高血圧に伴う頭痛や肩こり、手足の冷え、疲労感、不眠、めまい、動悸など、

高血圧に伴う症状を軽快させて「生活の質」を良くすることを目標とするものです。

 

高血圧症になってしまったら、

漢方薬だけで血圧をコントロールするのは危険です。

しかし、漢方もあわせて飲むことはおすすめです。

漢方の穏やかで多面的な薬効は、とくに高齢の方や更年期の高血圧症にとても良いと思います。

 

【丹参(タンジン)】

古くから循環器疾患に汎用されてきた代表的な生薬の一つに「丹参(タンジン)」があります。

シソ科の薬草で

長年の生活習慣で作ってしまった血の汚れや粘りを改善し、健康寿命を伸ばしてくれる働きがあります。

 

「瘀血(おけつ)」という言葉をご存知でしょうか?

血液ドロドロと表現される方もみえますが、血管を川で例えるなら「土砂やゴミで濁り流れが悪くなった状態」

甘いものの食べすぎ、脂質代謝の衰え、運動不足・・・などなど生活習慣でつくった血管のなかの汚れ

 

瘀血になると血流が滞り、細胞に酸素や栄養が行きにくくなります。

だから、冷え性や肩こり、頭重感。脳卒中や心筋梗塞にもつながります。

 

丹参(タンジン)は、瘀血を取り除いでくれます。

丹参と、活血薬(血の巡りを良くする薬)や理気薬(気の巡りを改善する薬)をあわせた漢方があります。

ツムラでは作られていないので、こちらは病院で処方してもらうことはできません。

 

当店で扱っております。

1日3回、お湯に溶いて飲んでいただくのがおすすめ。

 

中年期以降、または、高血圧傾向のある方の頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸

ご相談ください。

#高血圧 #頭痛  #漢方

(2020.10.2 きぐすりトピックス)

おすすめの記事