「いちばんゆるい血圧のお薬を1粒だけ飲んでます」

漢方相談をお受けしていると、患者様からときどき耳にする言葉です。

いちばんゆるい?と思いつつ、お薬で血圧のコントロールが必要な方なのだと理解します。

 

”血圧高め”とCMでも流れているように

血圧は年齢とともに上がりやすく、

60代の方では約60%、70代では70%以上の方にその傾向があると言われています。

 

さて、高血圧症について

「歳だから」とか「親も高血圧だから(遺伝だから)仕方がない」

「降圧剤を飲んでコントロールできているから大丈夫」

と、片付けてはいけないと思うのですがいかがでしょうか?

 

体には血圧を上げなくてはいけない理由があるわけで、

ただ薬を飲んでさげているだけでは

ガス漏れ警報器が鳴っているのに、警報器だけを止めて

ガスを止めていない状況になると思うのです。

 

血圧が上がる理由には

肥満、飲酒、喫煙、ストレス、運動不足

血液をドロドロにする食事の習慣、血管の弾力低下(血管の酸化したコレステロール)などがあります。

自分自身で日々の生活習慣で作っていることも多く

年齢とともに、血管のしなやかさが減っていくので

習慣でかかっている負荷をリカバーすることが厳しくなってきます。

 

たとえば、若いころに比べて体重が増えた方

お腹周りの脂肪を減らす

食べるものを改善して、毛細血管(微小循環)の血流を改善するなどの方法があります。

気になる方は、ご相談くださいませ。

 

 

今日は日曜日。

私も運動不足解消のため、午前中はスポーツジムのプールでウォーキングです。

行ってきます!(^^)/

 

 

おすすめの記事