雨が降るたび秋が深まっていきますね。日が落ちると、ひんやりしてきました。

秋は乾燥した冷たい風が吹きます。

この季節になると、いちばんよくお求めいただくのは「タウロミン」という和漢薬

十味敗毒湯という漢方と鼻や喉などの粘膜を強くするビタミン、整腸剤なども配合されていて
眠くなったりのどが渇いたりしないカラダにやさしい鼻炎薬です

ブタグサ、イラクサなど秋の植物が原因で、鼻がムズムズ、鼻水、くしゃみ・・・気になる方はお試しくださいね。

 

そもそも秋は「肺」が弱りやすい季節なのです

「肺」は呼吸器系の働きだけではなく、免疫系の機能や皮膚、鼻の状態に関わるなど、さまざまな役割を担っています。

ウイルスなどの侵入を防ぐ「衛気(身体の防衛力となる気)」、呼吸を通じて体の気を生み出す「気(エネルギー)」のコントロール

肺の弱りで起きやすい症状は、咳、ぜんそく、風邪をひきやすい、花粉症などがあります。

寒い季節が来る前に、肺を元気にするには、おすすめの漢方があります。

ご相談くださいませ。

子宝相談、更年期、目のお悩み、ペットの健康

漢方相談ができる薬局 にんじん堂薬局

 

 

 

おすすめの記事