40歳を超えると、ぽっこりお腹、シミ、たるみなど見た目の老化が気になります。
大きな原因は「新陳代謝」の衰え。
体内には約37兆個もの細胞が存在し、皮膚や髪、内臓などを構成しています。
本来、細胞は新陳代謝を繰り返し、若さや健やかさを保っています。たとえば、若い人のお肌は28日周期で新陳代謝をしているので、ピチピチ、ツヤツヤでいられます。
ところが、歳を重ねるごとにこの新陳代謝能力が衰え、全身の至るところでおこり老化してしまうのです。

肌がカサカサしたり、シミやたるみ、お腹がぽっこり・・・

ぽっこりお腹は、「基礎代謝が下がること」と「女性ホルモンの分泌量が下がること」のダブルパンチが原因とされていて、40歳以降は身体のことを気遣っている人といない人の差が、健康面でも見た目でもでてしまいます。

おやすみ前に、証陽散1包と発酵大豆胚芽のイソフラボンを飲んでみませんか。私のお気に入りです。
まず嬉しいのは、翌朝の自然なお通じ。
証陽散は、乳酸菌、ビフィズス菌のほかに、体をリラックスする方向へ導く「麦芽」や「紫蘇葉」、お腹を温める「生姜エキス」が配合された整腸剤です。
自律神経のバランスが整いお腹も快腸になります。

そして、発酵大豆胚芽イソフラボンは、女性のココロとカラダのバランスを守ります。女性ホルモンのバランスの崩れや不足からくる様々な不調にもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事