何かとストレスが多い私たちの毎日。

「あーもう!」って思うことってありますよね。

 

ストレスは過剰な活性酸素を生み、カラダにダメージを与えます。

 

過剰な活性酸素は、動脈硬化、老化、免疫低下を招きますし、

この時期つらい花粉症やアレルギー、ガンや生活習慣病などの対策も、活性酸素を消去する「抗酸化」がポイントです。

 

毎日の暮らしの中で、

ストレスを一切なくすことは不可能だから、心と身体のストレス解消にはストレスでできた過剰な活性酸素を撃退する、

つまり「抗酸化」をすることが何より大切です。

 

抗酸化を意識することは、酸化ストレスで体がサビることを予防すること。

ストレスに負けず自分が自分らしくいられることも、うまくストレスを処理してくれる抗酸化物質が働いているおかげだと思います。

 

抗酸化物質にはどんなものがあるのでしょうか?

代表的なものには

亜鉛、セレンなどのミネラル類(牡蠣に多く含まれています)

ブルーベリーなどのベリー類に多いポリフェノールがあります。

 

牡蠣では、かき肉エキス粒をエサに混ぜて与えたサルの実験で、ストレスに強くなることがわかっています。

 

そしてこのたび、5種類のベリー(ブルーベリー、ストロベリー、ブラックベリー、ラズベリー、マルベリー)に

糖をいっさい加えずそのまま乳酸菌で発酵させた「乳酸菌発酵エキス」が発売になりました。

ポリフェノールはもちろん、食物繊維、ビタミンEなども含有していて、添加物不使用です。

今月は、店頭で試飲できます♪

 

興味のある方は、気軽にお声かけくださいませ。

おすすめの記事